ニュース

花粉シーズンにも最適!ハイドロ銀チタン®マスクの新バージョンTVCMが放映開始します。

アレルギー・感染症の治療薬開発を専門とする創薬企業、DR.C医薬株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:岡崎成実 / 以下「DR.C医薬」)は、「ハイドロ銀チタン®マスク」の新TVCMに、に市川海老蔵さん/市川ぼたんさん/堀越勸玄さんと、渡辺直美さんを起用し、昨年11月に引き続き、2021年2月15日(月)より順次放映を開始いたします。今回新たに放送されるCMは、花粉がつらいこの時期に合わせた楽曲となっています。

CM動画は、DR.C医薬公式WEBサイトおよびDR.C医薬公式YouTubeチャンネルにて公開しております。
DR.C医薬公式WEBサイト
DR.C医薬公式YouTubeチャンネル

市川海老蔵さん親子三人そろってのCM出演!

渡辺直美さんがキレ抜群のダンスと歌声を披露!

《ハイドロ銀チタン®マスクついて》
「ハイドロ銀チタン®マスク」は、医師の発想から生まれた当社独自のクリーン技術であるハイドロ銀チタン®を用いて、衛生対策・風邪対策・花粉対策等を目的として開発されたマスクです。ハイドロ銀チタン®は、酸化チタンに銀・ハイドロキシアパタイトを複合させた光触媒物質の一種で、タンパク質を分解して水・二酸化炭素・窒素等に変える事が可能です。このハイドロ銀チタン®をマスク繊維に加工した製品が「ハイドロ銀チタン®マスク」です。ハイドロ銀チタン®がマスクに付着したタンパク質を分解するメカニズムにより、毎日の衛生対策・冬の風邪対策・春の花粉対策・飛沫対策など様々な目的でご使用頂けます。

《CM放送の背景》
昨年11月に引き続き、今回のCMでも、日頃「ハイドロ銀チタン®マスク」を実際にご愛用頂いている、市川海老蔵さん親子と渡辺直美さんに愛用者代表としてご出演頂きました。ご家族そろって安心してお使い頂ける製品である事や、ファッションに敏感な方にもおすすめな、ハイドロ銀チタン®が入っている証拠の滴マークがかわいい弊社のマスクです。花粉の季節には是非お使い頂きたいという弊社の想いを込めています。市川海老蔵さん親子三人の息がぴったりと合った掛け合いや、渡辺直美さんのキレキレのダンスや歌唱力、最後のキメの言葉など、見どころ満載のTVCMをお楽しみください。

以上のように、「あの人も、ハイドロ銀チタン®マスク。」TVCMシリーズは、年代を問わず幅広い世代の方にお楽しみ頂ける、 見どころ満載のCMとなっておりますので、当社製品とともにぜひご注目頂ければ思います。

《CM情報》
市川海老蔵さん親子 TVCM
タイトル:「あの人も、ハイドロ銀チタン®マスク。/市川海老蔵さん一家」篇
出演者:市川海老蔵/市川ぼたん/堀越勸玄

《出演者プロフィール》
市川海老蔵さん
生年月日:1977年12月6日
肩書:歌舞伎俳優
十二世市川團十郎の長男として東京に生まれる。1983年歌舞伎座『源氏物語』の“春宮”で初お目見得。1985年歌舞伎座 『外郎売』の“貴甘坊”を勤め七代目市川新之助を襲名。2004年歌舞伎座にて市川海老蔵を襲名。日本の伝統芸能を次世代に 伝えるべく自主公演にも力を入れている。近年では海外での公演も多く、2016年3月にはニューヨークのカーネギーホールにて 公演を果たし大盛況のうちに幕を閉じた。歌舞伎だけでなく映像の世界でも、2014年に映画「利休にたずねよ」にて 第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。


市川ぼたんさん
生年月日:2011年7月25日
肩書:舞踊家
2014年3月、八千代座で行われた「古典への誘(いざな)い」の『芝居前三升麗賑(しばいまえみますのにぎわい)』で初御目見得。2018年1月新橋演舞場『日本むかし話』、2019年新橋演舞場『牡丹花十一代(なとりぐさはなのじゅういちだい)』に出演。 2019年8月に4代目市川ぼたんを襲名披露。


堀越勸玄さん
生年月日:2013年3月22日
肩書:歌舞伎俳優
2015年11月、歌舞伎座「江戸花成田面影」で初御目見得。2017年7月、歌舞伎座「駄右衛門花御所異聞」で4歳(当時)で史上最年少の宙乗り。 8代目市川新之助を襲名予定。


渡辺直美さん TVCM
タイトル:「あの人も、ハイドロ銀チタン®マスク。/渡辺直美さん」篇
出演者:渡辺直美

《出演者プロフィール》
渡辺直美さん
生年月日:1987年10月23日
肩書き:芸人

生年月日:1977年12月6日
肩書:歌舞伎俳優
吉本興業所属のお笑い芸人。 お笑い芸人として活躍する一方、司会業や女優としても活躍。Instagramの国内フォロワー数1位を記録し、海外ファッション誌などにも登場。ブランドアンバサダーを務めるなど、ファッションアイコンとしても注目される。 特技のものまね・歌・ダンスを中心に、テレビ番組・ドラマ・TVCM・映画・舞台・SNSなど様々なフィールドを舞台にして国内および海外で活躍中。現在はNYにも拠点を置き、活動の幅を広げている

《制作スタッフ》
クリエイティブディレクター:福田 敏也(777 Creative Strategies)・ 横山 賢一
プロデューサー:井上 みち子 ・ 樋口 佳克 ・ 澤辺 翔太(東北新社)
制作:上領 玲央 ・畠野 航(東北新社)
演出:中島 信也(東北新社)
アートディレクター:秋山 具義(Dairy Fresh)
撮 影 CM:正田 真弘(WHITNEY)
撮影 グラフィック:田島 一成(MILD)

《放送エリア》
北海道:北海道放送、北海道文化放送、北海道テレビ
宮城:東北放送、仙台放送
首都圏 (東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬):フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
近畿 (大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀):読売テレビ、朝日放送
中京 (愛知、岐阜、三重) :中部日本放送、東海テレビ、名古屋テレビ
愛媛:南海放送、テレビ愛媛
福岡:福岡放送、テレビ西日本、九州朝日放送

商品詳細はこちら 

《ご購入について》
全国のドラッグストア、公式オンラインショップで好評発売中

《DR.C医薬について》
DR.C医薬は、タンパク質を合成・分解する素材の提供・研究開発をする、ハイブリッドバイオ企業です。
より多くの方々に当社の技術を提供し、アレルギー・感染症に関する悩みを世の中から減らしていくことを目標とし、医薬品事業・医療機器事業・医薬部外品事業・ヘルスケア事業・コラボレーション事業・感染症対策事業の6分野に従事しています。
所在地:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー2階
代表者:岡崎 成実
設立:2007年9月10日
事業内容 :医薬品事業・医療機器事業・医薬部外品事業・ヘルスケア事業・コラボレーション事業・感染症対策事業

《商品に関するお客様からのお問い合わせ先》
DR.C医薬株式会社 TEL:0120-189-077 (受付時間:祝日を除く月~金9:00~17:00)
https://drciyaku.jp/

《報道関係からのお問い合わせ先》
「DR.C医薬」PR事務局
Tel: 03-6825-3020 ・ FAX: 03-6674-2730 ・ MAIL: info@drc-iyaku.jp